イソフラボンの効果とは?女性ホルモンや月経への影響について

大豆

女性特有の不調にはイソフラボンが効果的と言われています。

女性ホルモンに関わる効果から月経不順、更年期、不妊の対策としてイメージされる方が多いようです。ここではイソフラボンがどのような成分なのか、どんな効果があるのかを解説しています。

イソフラボンとは

大豆

イソフラボンは大豆に多く含まれているポリフェノールの1つで、大豆イソフラボンと言われており、大豆の胚芽に多く含まれているフラボノイドの一種です。

イソフラボンは大豆の「えぐみ」の原因物質として存在していますが、他の豆類にも含まれています。その含有量は大豆一粒にたった0.2~0.3程度で、とても希少な成分です。

胚芽に約10倍の含有量

大豆に含まれているイソフラボンは微量ですが、一番多く含まれているのが胚芽の部分。その含有量は大豆全体の約10倍です。

植物にとって目や根になる胚芽は、最も重要な部分であり植物性プラセンタと言われるほど。成長していく上で必要な栄養素がすべて含まれています。

ポリフェノールは健康や美容に重要

ポリフェノールとは植物に含まれている色素・苦味・渋み・あくなどの部分で、抗酸化作用のある成分として活性酵素を除去する効果があり、健康や美容に不可欠です。

私たちは呼吸をするだけでエネルギーを使用して、活性酵素を発生させます。活性酵素は細胞の老化や傷を付けて、様々な病気の原因となる物質です。

若い時は体内で活性酵素を除去する酵素が作られるため、自分自身で除去することができます。しかし、年齢を重ねるとともに活性酵素を除去する力が低下するため、外部から摂取することが大切なのです。

日本人の豆類摂取量は低下している

以前日本人は和食の特徴である野菜、魚介類、豆類、味噌、豆腐、醤油などの大豆食品をバランス良く摂取する食生活でした。

しかし、近年は肉類中心の欧米に近い食生活に変化したことによって、イソフラボンが含まれる豆類の摂取量もどんどん低下傾向にあると言われています。

※参考:国民健康・栄養調査

イソフラボンには2種類ある

グリコシド型イソフラボンとアグリコン型イソフラボン

グリコシド型イソフラボン

グリコシド型イソフラボンとは大豆に含まれているままの状態です。イソフラボンに糖が合体した分子の大きい分子構造で、そのままの状態では腸からの吸収は難しく、大半が排出されてしまいます。

アグリコン型イソフラボン

アグリコン型イソフラボンは、グリコシド型イソフラボンの分子が小さくなって吸収されやすい状態になったものを指します。グリコシド型からアグリコン型に変化するためには特定の腸内細菌によって代謝される必要があり、その影響によってグリコシド型の分子から糖が外れていきます。

【豆知識】腸内細菌を持っている人は2人に1人

しかし、この腸内細菌は腸内に存在している人といない人がいます。日本人は昔から大豆をよく食べて来ましたが、その率は50%と言われているため、2人に1人しかこの腸内細菌を持っていないということもあります。

イソフラボンの主な効果や働き

イソフラボンを摂取することによって期待できる効果は以下の通りです。

※参考:大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方(食品安全委員会)

※参考:大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A(食品安全委員会)

ホルモンバランスを整えて月経不順の改善

イソフラボンの分子構造は女性ホルモンのエストロゲンの分子構造に似ているため、植物性エストロゲンとも言われています。そのため、エストロゲンと同じように働き、補充したような作用が期待できます。

月経不順に悩む女性は多いですが、その原因の1つとしてストレスが考えられています。人間関係や仕事による精神的なストレス、食生活・生活習慣の乱れや過度なダイエットなどの肉体的ストレスなど、その種類は様々です。ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱すため、月経不順が起こると言われています。

血行を促進して代謝を良くする

イソフラボンには赤血球の粘度を抑制する働きがあり、血液をサラサラにする効果があります。その働きによって血行が良くなり、末端血管まで血液が行き渡るようになり冷え体質などの改善が期待できます。

冷え体質の方は温かい環境でも体の中が冷えているケースが多いです。厚着などの対策をしても、根本的に血流が改善されなければ冷え体質の改善にはつながりません。

アンチエイジング効果

イソフラボンはポリフェノールの一種であり、強力な抗酸化作用があります。上記で活性酵素を抑制してくれる働きがあると解説しましたが、その効果によってアンチエイジングにも抱えない食材と言われています。

また、加齢によるエストロゲンの減少はコラーゲンなどの体内生成を低下させてしまいます。細胞内のコラーゲンが減少することでシワやたるみを増やしてしまいますが、イソフラボンを摂取することによってコラーゲンの体内生成を促してくれる働きが期待できます。

子宮内膜を厚くして着床力を上げる

女性の体は排卵が終わると受精卵が着床できるように、いわゆる“胎児のベッド”とも言える、厚く粘度の高い子宮内膜を作ります

受精卵が着床しなかった場合は、それらがすべて排出されて、血液とともに月経という形で排出されますが、子宮内膜に問題があるとなかなか着床できません。もし着床しても、途中で剥がれてしまうこともあり、その結果流産してしまうことにもつながります。

アグリコン型のイソフラボンには、着床に必要なサイトカイン、LIF(白血病阻害因子)の分泌を促進する働きがあるとされていて、着床を促す効果があることがわかっています。

更年期症状の改善

女性の更年期の症状は、エストロゲンが閉経に向かって急激に減少することによって起こると言われています。エストロゲンが低下するのは自然の摂理であり、避けることはできません。

そこでエストロゲンの代わりにイソフラボンを摂取し、エストロゲンの急減を和らげることができます。月経不順だけでなく、更年期症状の対策としても大豆イソフラボンは有効です。

イソフラボンを摂取できる食品

豆腐

豆腐、味噌、納豆、豆乳など様々な大豆食品。大豆を原料とするほぼ全ての食品に含まれています。100g中に含有している目安量は以下の通りです。

食品名 含有量(mg/100g)
大豆 88.3~207.7mg
煮大豆 69.0~74.7mg
揚げ大豆 200.7mg
豆腐 17.1~24.3mg
油揚げ類 28.8~53.4mg
納豆 65.6~81.3mg
味噌 12.8~81.4mg
醤油 1.0~1.7mg
豆乳 7.6 ~59.4mg

※参考:大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A(食品安全委員会)

イソフラボンと相性の良い栄養素

栄養素が豊富に含まれていて、尚且つノンカフェインで安心して飲むことができるベルタルイボスティー。原産地でもある南アフリカでは「奇跡のお茶」とも呼ばれ、珍重されています。

ビタミンC

レモン

ビタミンCはイソフラボンと同様に抗酸化作用を持ち、美容効果も高いビタミンとしても知られています。また、ビタミンCにはイソフラボンと同様にコラーゲンの体内生成を促進する働きもあるため、一緒に摂ることで効果を高め合う栄養素となっています。

カルシウム

カルシウムが入った牛乳

更年期はエストロゲンが低下することによって、骨のバランスが崩れて骨粗鬆症が発症しやすいと言われています。エストロゲンの代わりに働いてくれるイソフラボンは、骨密度の低下を抑制する働きがあります。そのため、カルシウムと一緒に摂取することにより、骨粗鬆症の予防にもなるのです。

サプリメントで効率よく摂取しよう

ベルタプレリズム

イソフラボンを摂取するためには、大豆食品をしっかり摂る必要があります。しかし、日常の食生活で何となくは摂取できてはいるものの、体質の変化を実感できるほどの摂取量ではない場合が殆どです。

サプリメントであれば吸収率の高いアグリコン型のイソフラボンを摂取することができるため、しっかり補うことができます。イソフラボンを摂取したい方は、サプリメントを上手に利用して摂取することがおすすめです。

妊活のためのサプリメントはこちら