乳児湿疹ができる原因は?症状とスキンケア方法

乳児湿疹の赤ちゃん

赤ちゃんの肌に赤いブツブツや、黄色っぽいかさぶたなどの湿疹が見られ、不安になった方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?赤ちゃんの皮膚はとてもデリケートなので、炎症が起きやすいです。ここでは、湿疹の原因とスキンケア方法についてお話ししていきます。

乳児湿疹の原因

乳児湿疹とは、赤ちゃんの肌トラブルの総称です。ニキビのようなものから、かさぶたのようなものまでさまざまな症状が現れます。その原因は主に3つです。

1過剰な皮脂の分泌

2乾燥

3汗による皮膚の炎症

過剰な皮脂の分泌

一つは過剰な皮脂の分泌があげられます。生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんから受け継いだホルモンの影響によって、皮脂の分泌が盛んに行われる時期です。

そのため、余分な皮脂が毛穴に詰まってしまう可能性が高くなり、炎症を起こしやすくなります。

乾燥

生後、2〜4ヶ月ごろになると、お母さんから受け継いだホルモンの働きが弱まり、皮脂の分泌は少なくなりますが、次に気をつけたいのが乾燥です。

赤ちゃんの肌は、大人の肌よりも薄く、うるおいを守ってくれるバリア機能も十分に発達していません。そのため、傷つきやすく、肌トラブルを起こしやすいです。

汗による皮膚の炎症

赤ちゃんの肌には既に大人と同じ数の汗腺があると言われています。そのため、新陳代謝が高く、とても汗をかきやすい状態です。

汗をそのままにし、清潔に保てていないと、汗腺に汗が詰まり、炎症を起こす原因となってしまいます。

乳児湿疹の種類

乳児湿疹は主に生後1週間〜1ヶ月頃から見られる症状ですが、種類によってできやすい時期が異なります。

新生児ニキビ

新生児ニキビ

新生児ニキビとは新生児挫創(しんせいじざそう)と言われ、顔の毛穴に赤いポツポツとしたニキビができるのが特徴です。新生児ニキビは、生後1週間〜1ヶ月頃にできやすく、皮脂の過剰な分泌が主な原因で起こります。

脂漏性湿疹

脂漏性湿疹

脂漏性湿疹は、黄色っぽいかさぶたができたり、カサカサになるのが特徴です。特に、生後1〜2ヶ月頃になりやすいと言われています。脂漏性湿疹の原因も皮脂の過剰な分泌があげられます。

あせも

あせも

あせもは肌が赤くなったり、かゆくなったりするという特徴があります。汗のかきやすい夏などの時期に起こりやすくなるため、汗を拭くことはもちろん、こまめに着替えをすることが大切です。

乳児湿疹が出やすい部位

顔は皮脂の分泌が多い箇所の一つです。主にほっぺなどに赤いプツプツができる新生児ニキビが出来やすいです。

頭部も皮脂の分泌が多い箇所の一つです。髪の生え際や、眉毛などに黄色かさぶたのようなものができる脂漏性湿疹が多く見られます。

背中

特にあせもに注意してください。背中以外にも首回りや腕、ひざ裏、そしてオムツの中などが蒸れやすく、あせもになりやすい箇所です。

アトピーとの違いは、かゆみを伴う湿疹が繰り返し起こるかどうか

アトピーの子ども

乳児湿疹とアトピーの違いについて気になる方が多いと思います。アトピーの特徴は、かゆみのある湿疹で、良い状態と悪い状態を繰り返すことが特徴です。

なので、乳児湿疹とアトピーを瞬時に判断することは難しく、2ヶ月以上経過を見てから、診断されることが多いようです。

スキンケアの基本は、「清潔」と「保湿」

皮脂を洗い流し、清潔に保つ

沐浴をしている赤ちゃん

赤ちゃんの健やかな肌を保つためには、毎日洗って清潔にしてあげることが大切です。注意点は、洗いすぎないこと。ベビーソープなどを使い、撫でるように洗ってください。そのあとはぬるま湯で洗い流しましょう。

十分に保湿をする

クリームを赤ちゃんに塗っている母親

清潔にしてあげた後にはもちろん保湿をしてあげてください。全身に保湿剤をたっぷり塗ってあげて乾燥や刺激から肌を守ってあげてください。ワセリンやベビーローションを使うのがおすすめです。

母乳育児との関係は?

母乳を吸っている赤ちゃん

乳児湿疹に影響する可能性は低い。

赤ちゃんに湿疹が見られると、「自分の食事などに問題があるのでは?」と不安になるママも多いのではないでしょうか?

しかし、直接的な影響はなく、1番の原因は皮脂の過剰な分泌とされています。なので、過度に食事に神経質になる必要はなく、赤ちゃんの肌を清潔にし、保湿することが大切です。

治らない場合は小児科や皮膚科に相談

診察を受けている赤ちゃん

「なかなか湿疹が治らない」、「何度も繰り返してしまう」という方は病院で、受診してもらいましょう。特に、かいてしまう、膿んでしまっている、発熱しているなど場合は早めの受診をおすすめします。

小児科でも、皮膚科でもどちらでも問題ありません。ひどくなる前に病院へ行き、診察してもらいましょう。