30・40代など年齢別の妊娠確率や平均の妊活期間について

診断を受けている夫婦

女性の社会進出により30代や40代になって結婚する女性が増えてきており、その影響によって妊活を始める年齢も以前と比べて高くなっています。

もちろん30代40代になっても妊娠は可能ですが、やはり妊娠適齢期と言われる20代と比べると妊娠確率は低下するのが現実です。ここでは年齢別に見る妊娠の確率や、妊娠するために出来る事などをまとめてみました。

年齢別にみる自然妊娠の確率

35歳から自然妊娠の確率は下降線。40代では5%以下に

ART妊娠率・⽣産率・流産率 2018

※参考:日本産科婦人科学会 ARTデータブック2018より

男性・女性ともに健康や生殖機能に問題のない二人が排卵日付近に性交渉を行った場合、1周期当たりの自然妊娠率は20〜25%と言われています。

そのまま妊活を続けた結果、約半年程で80%、1年で90%が妊娠するという研究データがあります。

年齢 1周期当たりの確率
20代 25~30%
30~34歳 25~30%
35~39歳 約18%
40~44歳 約5%
45歳 約1%

※参考:M.Sara Rosenthal.The Fertility Sourcebook.Third Edition

30代前半までは25~30%。20代とあまり変わりませんが、35歳を超えると18%にまで下がります。40代となると妊娠出来る確率は5%、45歳を過ぎると1%と、ゼロに近い数字にまで下降します。

1年以内の妊娠率は20代が100%近くだが30代後半は60%台に

年代別の一年以内の妊娠率グラフ

こちらは年齢と1年以内の妊娠率と妊娠までに要した平均期間についてのグラフです。

若いとされる20代でも妊活を始めてから妊娠に至るまで4~5ヶ月かかる事は一般的な事です。しかし、1年以内の妊娠率を見てみると20代前半は100%近くが妊娠するのですが、30代後半となるとその数値は60%台まで下降します。

また、およそ10年で母親の年齢が35歳以上の出産割合が倍増している事や不妊治療専門クリニックの増加などにより、不妊治療を始める方も増えています。

※参考:生殖医療のすべて(堤治著)

不妊治療をした場合の年齢別妊娠率

年齢別の妊娠率と生産率

こちらは日本産科婦人科学会が発表した、2018年のART妊娠率・生産率・流産率についての表です。(ART・・・assisted reproductive technologyの略。体外受精や顕微授精のように体外で生殖医療をする技術のこと。ET・・・胚移植のこと。)

年齢が若ければ若いほど妊娠率(途中で流産した数も含んだ妊娠が成立した率)と生産率(赤ちゃんが産まれた率)は高く、流産率は低くなっています。

流産の確率

年齢を重ねると妊娠確率が低下するだけでなく、流産の可能性も高まってしまいます。26歳~45歳の流産の確率は以下の通りです。

年齢 流産の確率
26~30歳 20%未満
31~35歳 約20%
36~40歳 20~30%
41~45歳 35~60%

※参考:日本産科婦人科学会 ARTデータブック2018より

年齢を重ねるほど妊娠確率は下降して妊娠までの期間にも影響

年齢を重ねる程、妊娠率が下がるというのは事実です。また、年齢は妊娠率だけではなく、妊娠するまでの期間にも影響します。

自身に妊娠や出産の予定がない場合、つい先送りにしてしまいがちですが、例え予定がなくても将来的に自分が子どもを持ちたいかどうか、妊娠・出産について、一度しっかり考えておく事が大切です。

BELTAのアンケートでも6割近くが想像以上に時間がかかったと回答

BELTAアンケート

BELTAが行った「妊活・不妊のお悩み本音アンケート」でも、6割近くの方が妊娠するまで想像以上に時間がかかったと回答されています

年齢を重ねる中で、友人知人から妊娠報告を聞くと焦りを感じる方も多かったそうです。

また、およそ10年で母親の年齢が35歳以上の出産割合が倍増している事や不妊治療専門クリニックの増加などにより、不妊治療を始める方も増えています。

※参考:妊活・不妊のお悩み本音アンケート(BELTA)

年齢に関わらず婦人科で自分の健康状態を知ることが大切

年齢別の妊娠率を見てきましたが、これらは統計的な数値によるもので、実際には個人差が大きく表れるのが妊娠・出産です。20代で若いからといっても、全員がすぐに妊娠出来るとは限りません。若くてもなかなか妊娠しない人もいれば、40代ですぐに妊娠する人もいます。

健康状態を知ることで不妊に対しての対策が取れる

話し合っている夫婦

自分が妊娠しやすい、妊娠しにくいかどうかは実際に妊活しないとわかりません。その時のパートナーとの相性にも大きく左右されますが、一度婦人科や不妊治療専門のクリニックに行き、ブライダルチェックなどの検査をする事をおすすめします。

自分の健康状態を知る事は妊娠・出産にはとても重要です。普段婦人科に行く事がなかった人は、思いがけない子宮関係の疾患が見つかるかもしれませんし、不妊に特化した検査等で自分やパートナーの不妊原因がわかるかもしれません。

原因がわかればその部分の対処をする事で妊娠につながる可能性が格段に上がります。排卵日や生理周期から、妊娠しやすい時期のタイミングの取り方などのアドバイスを貰う事もできます。

AMH検査で卵巣状態をチェック

AMH検査で卵巣状態をチェック

不妊の原因を探る検査は数種類あります。一般的には年齢が若ければ若いほど良い数値・結果が出るのですが、実はそうでない場合も多くあります。

その一つの例がAMH検査というホルモンの検査です。AMHとは、アンチミューラリアンホルモンの略で、自分の卵巣にどれくらい卵子が残っているのか推定する検査です。

卵子の数には限りがありますが、同じ年齢の女性でも個人差でばらつきがあり、20代でも数値が低い人もいれば30代後半~40代で高い人もいます。

AMH値は卵子の数(詳しく言えば原始卵胞から発育する前胞状卵胞数)を反映するものであり、卵子の質は調べられないので、単純にAMH値が高いイコール妊娠率が高いという事ではありません。

しかし、おおよその卵巣年齢・排卵可能な期間を知る事によって今後の事や不妊治療のスケジュール等が立てやすくなります

妊娠するためにできる5つのポイント

Point1.規則正しい生活

早起きをする女性

毎日同じ時間に起床・食事・就寝する。規則正しい生活は体内時計を整え、体の調子を向上させます。決まった時間に睡眠をしっかりとる事でホルモン分泌が良くなり、妊娠に向けた準備ができます。

Point2.適度な運動

ランニングしている女性

適度な運動は代謝を促し、血液を循環させる事で生殖機能の働きを良くします。痩せすぎ、太りすぎは不妊の原因になりますが、適度な運動を続ける事で体重のコントロールもできます。

激しい運動は逆効果になる事もあるので、ストレッチやヨガ、ウォーキングがおすすめです。

Point3.冷えないように

暖かい飲み物を飲む夫婦

冷えの改善は妊活の基本です。身体が冷えるという事は妊娠に重要な卵巣が冷えるという事です。

また、身体が冷えると血行が悪くなり、全身の循環が滞ります。巡りが悪くなると内臓の働きが低下し、体調不良にも繋がります。ご自身の健康維持の為にも、「冷えない身体」を保ちましょう。

「温活」は妊活にも良い?妊娠のための冷え対策!

Point4.ストレスを溜めない

元気な女性

ストレスは妊娠に大きな影響を与えます。ストレスを溜めこみ過ぎると自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れる事で、妊娠を遠ざけます。

仕事や日々の人間関係など、日常生活を送る上でのストレスや、妊活・不妊治療を長く続けているとなかなか妊娠しない事自体がストレスになる事もあります。自分に合ったストレス解消法を見つけ、リラックスして過ごしましょう。

Point5.食生活の改善

食生活の改善

妊活に良いとされる食材を探してそればかりを食べるのではなく、バランスの良い食事を継続して摂る事が重要です。

バランスの良い食事から栄養を摂取する事だけではなく、糖の摂りすぎにも注意しましょう。糖の摂りすぎは卵子を含む全身の老化を加速させます。

また、赤ちゃんの健康のために葉酸の摂取も大切です。

妊活におすすめの食事について

妊娠を意識したら葉酸の摂取を

葉酸が含まれた食品

出産の様々なリスクを回避する方法はありませんが、予防の1つとして有名なのが「葉酸」の摂取です。

葉酸はビタミンB郡の一種で、葉酸を摂取していると赤ちゃんの脳や脊柱に異常が起こる神経管弊社障害の発症リスクを下げることが明らかにされました。厚生労働省も推奨している栄養素で、その他にも妊婦さんに様々な良い働きをするビタミンです。

葉酸が妊婦さんに必要な理由とは? 高齢出産のリスク軽減のために葉酸の摂取を

※参考:葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果

妊活中の夫婦におすすめのサプリメント

ベルタプレリズム

ベルタプレリズムは、妊活中からの摂取が重要な葉酸だけでなく、マカや亜鉛など含め、妊活中の男女に大切な栄養素179種類をぎゅっと凝縮しています。

栄養バランスを整えたいけど、なかなか難しいという方はサプリメントを活用してみてはいかがでしょうか?

夫婦で飲めるおすすめ妊活サプリメント