葉酸不足には吸収率の高い酵母葉酸がおすすめ

妊娠中の女性

葉酸は妊活中の女性、妊婦さん、赤ちゃんに大切な栄養素と言われていますが、普段の食事からは補いにくい栄養素です。そのため、不足しがちな栄養素でもあります。

特に妊娠初期はたくさんの葉酸が必要になるため、不足しがちな体になっていることが殆ど。そこで厚生労働省も推奨しているのが吸収率の高いサプリメントでの葉酸の摂取です。

しかし、サプリに配合されている葉酸の質によっても、体内に蓄積される葉酸の量は変わってくることはご存じでしょうか?

おすすめは酵母で培養された「酵母葉酸」。葉酸不足の体にならないために、酵母葉酸を利用して上手に補っていきましょう。

葉酸が不足するとどうなる?

葉酸が不足すると「胎児の神経管閉鎖障害のリスクが高まる」「貧血」など様々な不調を及ぼしてしまうと可能性があります。

胎児の神経管閉鎖障害のリスクが高まる

臨月のお母さんのお腹

妊娠初期に葉酸が体内から不足していると胎児の神経管閉鎖障害のリスクが高まると言われています。神経管閉鎖障害の発症は複合的な原因によるものなので、葉酸だけで予防することはできませんが、欧米諸国では大規模な疫学研究が行われ、葉酸を摂取することで発症リスクを低減できることを示しています。

そのため、日本でも厚生労働省が妊娠の可能性がある女性に対して葉酸を摂取するように推奨しています。

※参考:葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果(厚生労働省)

貧血になりやすくなる

貧血の妊婦

葉酸は赤血球を正常に生成するという役割も持っているため、葉酸が不足すると貧血になりやすくなります。特に妊娠初期から授乳期までママはたくさんの血液を必要とするため、しっかり摂取しておくことが大切です。

また、葉酸だけでなく葉酸と相性の良いビタミンB12や、鉄分も貧血予防に有効です。

※参考:葉酸の働きと1日の摂取量(健康長寿ネット)

葉酸はサプリで摂取することが推奨されている

葉酸はビタミンB群の一種ですが、ビタミン自体殆ど体内で作ることができないため、食品から摂取する必要があります。摂取できる葉酸は大きく分けて2種類です。

・食事から摂取できる葉酸(ポリグルタミン酸型)
・サプリに含まれる葉酸(モノグルタミン酸型)

ポリグルタミン酸型葉酸・モノグルタミン酸型葉酸

厚生労働省が推奨しているのは吸収率が高いサプリに含まれる葉酸(モノグルタミン酸型)。

その理由は、食事から摂取できる葉酸(ポリグルタミン酸型の葉酸)はサプリ含まれる葉酸に比べて栄養の吸収率が約半分と言われているためです。

葉酸は水溶性ビタミンのため熱や光に弱く、調理すると半分近くの栄養が損失されてしまいます。

モノグルタミン酸型葉酸は栄養をそのまま吸収

モノグルタミン酸型の葉酸は異性体ができてしまう

最適に見えるモノグルタミン酸型の葉酸ですが、サプリに配合する時に必ず「異性体」と呼ばれる余分なものができてしまいます。

そのため、サプリに葉酸を配合する時はこの異性体を除去できるかが課題となっていました。

おすすめは「酵母」で培養された葉酸

モノグルタミン酸型葉酸

おすすめは「酵母葉酸」と呼ばれるモノグルタミン酸型の葉酸を酵母に取り込ませて発酵・培養した葉酸。もともと発酵食品は保存性が高いことが特長ですが、酵母で発酵・培養することにより、サプリに配合する際に生成される異性体が発生しません。

酵母葉酸は異性体が含まれない

そのため、サプリに葉酸を配合する時はこの異性体を除去できるかが課題となっていました。

吸収率が良く安全性が高い

葉酸酵母は吸収率が高い

酵母を培養した葉酸は保存性が高い状態になるため、痛みが生じにくくなります。そのため、酵母を用いない葉酸よりも安全性、吸収性、体内での利用率に優れています。

体内に長くとどまる

発酵食品と言えば保存性が高いという特長がありますが、それは酵母葉酸も同様。酵母を用いない葉酸よりも体内で長く栄養が留まるため、体内の葉酸濃度が高い状態を保ちます。

酵母葉酸は体内に長くとどまる

妊娠前から葉酸を摂取することが大切

葉酸は妊娠初期に体内に不足していないことが大切ですが、妊娠に気付くのは5週目頃。妊娠が発覚した時には葉酸をもっとも必要とする時期を過ぎている場合も多いため、厚生労働省では妊娠前からの葉酸の摂取を推奨しているのです。

また、葉酸を体に蓄えるまでには1ヶ月ほど掛かるとも言われているため、妊娠を希望している方はできるだけ早めに摂取をするようにしましょう。

夜泣きをしている子供
ベルタ葉酸サプリを詳しく見る