赤ちゃんのおすすめ石鹸は固形タイプ?泡タイプ?

泡を触る赤ちゃん

赤ちゃんの肌を洗うベビーソープは主に、固形タイプと泡タイプに分かれています。どちらがいいんだろうと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?ここでは、固形タイプと泡タイプのメリット、デメリットをあげています。自分たちにあった石鹸で洗ってあげましょう。

固形タイプのメリット

固形石鹸

低価格

固形タイプは比較的、安価なものが多いです。また、泡のソープと比べても長く使えることから、コスパがいいことが特徴です。安いもので100円前後で購入することができます。

しっかりと皮脂を落とすことができる

固形タイプの石鹸はシンプルな成分でできており、汚れ(皮脂)をしっかり落としてくれるという特徴があります。また、泡切れがいいのも特徴です。皮脂の分泌が多い、生後1ヶ月〜3ヶ月までの赤ちゃんにおすすめです。

固形タイプのデメリット

泡立てるのが大変

固形タイプの1番のデメリットは、泡立てるのが大変なところです。赤ちゃんを片手で支えながら、もう一つの手で泡立てながら洗うのは、慣れるまでとても大変です。

また、水に濡れるとぬめりが出るので、置き場所にも困る場合があります。

洗いすぎになりやすく、乾燥しやすい

洗いすぎにならないように気をつけることが大切です。特に生後3ヶ月以降は皮脂の分泌が少なくなるので、洗いすぎになりやすいので要注意です。

また、シンプルな成分で作られているので保湿成分が含まれていないものが多いです。なので、乾燥を防ぐために、洗った後はしっかりと保湿をしてあげることが大切です。

泡タイプのメリット

泡タイプの石鹸

素早く簡単に洗えて便利

泡タイプの1番のメリットは素早く、簡単に洗えることです。片手で押すだけで泡が出るので、まだ首の座っていない新生児や赤ちゃんをお風呂に入れる場合でも、困ることなく洗うことができます。

肌に優しい成分が含まれている

泡タイプは肌と同じ、弱酸性の成分で洗い上げるものが多く、他にも保湿成分など、赤ちゃんの肌のことを考えた成分が多く含まれているものが多いです。

泡タイプのデメリット

価格が高い

泡タイプは使いやすさもあり、多くの方が使用していますが、泡タイプは1000円前後の値段帯のものが多いです。また、固形タイプと比べても早く使い終わることが多く、コスパもよくありません。

洗いすぎにつながることもある

泡のベビーソープには泡立てるために、洗浄力の強い成分や添加物が使われている可能性があります。しっかりと肌に優しい成分が使われているか確認しましょう。

また、ポンプから出てくる泡は潰れやすく、肌と肌が触れ合うことによる摩擦が起こりやすいことも注意が必要です 。

泡タイプを使用するときには、使いすぎにも気をつけましょう。押せば簡単に出てくる分、多くの泡で洗ってしまう人も多いです。

大人用の石鹸やソープは使ってもいい?

ボディソープを使っている女性

大人用はできるだけ避けましょう

大人用のソープは使ってはいけないのかと疑問に思う方も多いと思いますが、大人用のソープは汚れを落とすために、洗浄力の強い成分が使われています。

また、使い心地をよくするために添加物や香料が使用されている可能性もあります。そのソープで赤ちゃんを洗ってしまうと、刺激になり、肌トラブルにつながる可能性があります。

弱酸性とアルカリ性は?

手のひらの泡

弱酸性とアルカリ性はよくベビーソープを選ぶ際に耳にするという方も多いのではないでしょうか?これらは以下の特徴があります。

弱酸性

多くの泡タイプの石鹸に使われています。人の肌も弱酸性で、弱酸性という同じ成分で洗うことができるので、肌に優しいと言われています。

注意点としては、合成界面活性剤が使われている可能性があるということです。この合成界面活性剤は洗浄力が強いだけでなく、肌に残りやすいので、しっかりと洗い流してあげることが必要です。

アルカリ性

アルカリ性は主に固形タイプの石鹸が当てはまります。特徴としては、弱アルカリ性の成分が汚れを効果的に落としてくれるということです。

この成分は水に薄まると簡単に洗い流せるため、皮膚に残りにくいです。また、洗ったあとは汗をかいたりすると徐々に弱酸性の肌に戻るのでアルカリ性で洗っても心配ありません。

赤ちゃんの状況に合わせて選びましょう

赤ちゃんの頬

赤ちゃん用の石鹸は、たくさんの種類がありますが、それぞれの肌質によっても変わるため、一概に良い悪いを決めることはできません。使いながら赤ちゃんの肌の調子を確認することも大切です。それぞれのメリットやデメリットを考え、自分たちにあったものを選びましょう!

1番の理想は、ミルク&オイルで洗うこと

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。その中で大切なことは「洗いすぎないこと」と「保湿すること」です。

その両方ができるソープが、ベルタベビーソープです。

「ベルタベビーソープ」を詳しく見る