妊娠後の予防! 妊娠時の肌トラブルとは?

妊娠時の肌トラブルとは皮膚のバランスや皮膚の急激な成長で起こる肌トラブルのことです。赤紫色で凹凸していることが特徴ですが、産後はだんたん白くなります。縦に1本〜10本以上できる線で個人差がありますが、お腹だけでなくバストや腕、太腿、おしりなどにできます。

妊娠時の肌トラブルってどうしてできるの?

皮膚のバランスの乱れ

皮膚のバランスの乱れ

皮膚の急激な成長

皮膚の急激な成長

妊娠時の肌トラブルってどうしてできるの?

肌トラブルのできやすい人

  • 皮下脂肪が厚い
  • 多胎妊娠(双子、三つ子…)
  • 経産婦さん
  • 小柄
  • 血行が悪い

肌トラブルの起こりにくい人

  • 皮膚組織が柔らかく、保湿力が高い
  • 筋肉や皮膚に柔軟性がある
  • 体重増加が少ない
  • 血行がよく代謝がいい
  • 基礎代謝が高い(年齢が若い)
導入
元には戻らない

何が違うの? 妊娠時の肌トラブル対策とは?

体重コントロール

体重コントロール

急激に体重を増加しないためにバランスよく食事をすることです!

体重は、増えすぎも増えなさすぎもよくありません。低糖質、低脂質、高タンパクで食物繊維の豊富な食事をバランスよく食べることを心がけましょう!

保湿

保湿

妊娠初期からのケアが大切です!

肌が乾燥することで弾力性や伸縮性が失われ、痒みが出てしまい、掻きむしることで皮膚が刺激され、さらに弾力性が失われます。
お腹が出始め、体重が増加してから使用されるお客様もいらっしゃいます。

キレイママでいるために早めのケアが必須です!

妊娠時の肌トラブル アンケート

妊娠時の肌トラブルはできましたか?

妊娠時の肌トラブルはできましたか?

7割近い人が!

妊娠時の肌トラブルはいつ頃からできましたか?

妊娠時の肌トラブルはいつ頃からできましたか?

早い人は妊娠初期から!

妊娠時の肌トラブルはどこにできましたか?

妊娠時の肌トラブルはどこにできましたか?

お腹が半数以上! お腹以外にも…