ベルタマザークリームの効果的な使い方

お腹にクリームを塗っている妊婦

「ベルタマザークリームは、いつから使い始めればいいの?」こんなご質問をよくいただきます。

妊娠中のボディケアの必要性とスタート時期、ベルタマザークリームの使い方についてご紹介します。

ベルタマザークリームの使い方

500円玉くらいを手に取り、ケアする場所全体に優しく塗ります。特にお腹周りは無理な力をかけず、優しくなでるようにしてください。

マッサージはお腹を刺激することにもなりますので優しく保湿するようにゆっくり塗ってください!

500円玉くらいの量を塗る

500円玉くらいの量を塗る

ベルタマザークリームを500円玉くらいを手にとり優しく時計回りにゆっくり塗ってください。

呼吸をしながら優しくなでる

呼吸をしながら優しくなでる

下~上にゆっくりと優しくなでる。引き上げるときに息を鼻から吸って、ゆっくり口ではいてください。肌をさすることで血行の改善にもなります。

らせん状にマッサージする

らせん状にマッサージする

深呼吸して赤ちゃんと一緒に気持ちを落ち着けながらゆっくりとお腹の中心から外側へ。また、らせん状にくるくるとマッサージも優しくしてください。

お腹以外の部位にも使える

膝にクリームを塗っている女性

ベルタマザークリームはお腹以外にも使用できます。

・バスト
・お尻
・太もも
・ひざの裏
・二の腕

上記の部位はは妊娠時の肌トラブルが出やすいですので、ケアは全体にしてください。特に太ももはセルライトができやすい部分になりますので入念にケアをしてください。

また、妊娠中だけでなく出産後もスキンケアクリームとしてお使いいただけます。

赤ちゃんにも使える

赤ちゃんにクリームを塗っている母親

ベルタマザークリームはデリケートな赤ちゃんの肌でもご使用いただけます。親子のスキンシップとしてもぜひご使用ください。

クリームを赤ちゃんに塗る場所の種類

季節によって変化するスキンケア

春

冬から春への変わり目は、急激な気温変化が繰り返されます。そのストレスで肌の抵抗力が低下し、ターンオーバーやホルモンバランスが崩れやすい季節です。暖かい日は薄めに、寒い日はたっぷり塗るようにしてください。湿度が低い日は特に痒みを感じやすいので、たっぷりとベルタマザークリームを塗ってください。

夏

温度と湿度の上昇とともに、汗や皮脂の分泌が増加します。夏は汗で肌の表面はしっとりしているように感じますが、冷房やあるいは紫外線など、夏の肌はとても乾燥しやすい環境です。
特に露出している脚や腕は乾燥しやすいですのでお腹だけでなく露出している箇所のケアも重点的にしてください。また汗で下着のゴム部分、髪の毛がつく場所など痒みを感じやすくなりますので要注意です。

秋

空気の乾燥が始まる季節で角質層が厚くなりやすい時期です。また、季節の変わり目で肌は乾燥し始めていることに気がつかないことがあり保湿を怠りやすくなります。太腿の内側や脚の裏の柔らかい場所のケアもお腹と一緒に念入りにしてください。

冬

肌バリアが壊れ、ターンオーバーが早まることで痒みがもっとも感じやすい時期です。乾燥しやすいので全身をケアしてください。肌が乾燥してしまう原因の一つに、ホルモンの分泌の変化が関係しています。ホルモンバランスによる肌状態の変化は特に妊婦さんに起きやすく、通常以上に敏感に感じますので、念入りにケアしてください。

困ったらスタッフが専任でサポート

困ったらスタッフが専任でサポート

ベルタマザークリームの塗り方や効果的なマッサージ方法などで困った場合は、BELTAのカスタマーサクセスにお気軽にご連絡ください。出産経験を持つスタッフが専任でサポートさせていただきます。

また、ベルタマザークリームの使い方だけでなく、妊婦としての悩み、出産後の悩みなどどんな悩みでお気軽にご相談ください。

お得な定期便コース

 ベルタマザークリームお得な定期便コース

通常価格:6,980

初回特別価格

送料無料

92%OFF

550

2回目以降は28%OFFでお届け

送料無料

28%OFF

4,939

今すぐ申し込む

※3回お受け取りで合計金額20,306円のお支払いとなります。

※3回以上のお届けが必須になります。4回目以降のご解約は次回お届け日の10日前までにご連絡ください。