赤ちゃんに起こりやすい肌荒れの原因と対策

出産後

生後3カ月までは乳児脂漏性皮膚炎(にゅうじしろうせいひふえん)、 その後は、よだれかぶれ、おむつかぶれ、あせもがよく起こります。

デリケートな赤ちゃんの肌に、通気性、洗浄・保湿のケアを

赤ちゃんのスキンケアをしているお母さん

すべすべに見える赤ちゃんの肌ですが、実はとてもデリケートで傷つきやすいのです。赤ちゃんの肌はバリア機能が未熟なため、①乾燥しやすい、②荒れやすい、③炎症を起こしやすいという特徴があります。大人に比べて角質層の水分量が少なく、肌の水分を保つ保湿因子(セラミドなど)が少ないことも、赤ちゃんの肌がデリケードな要因です。

また、赤ちゃんの肌は月齢によって変化します。生まれてから2~3カ月までは、皮脂の分泌が非常に多く、べたつきがち。このころは乳児脂漏性皮膚炎(にゅうじしろうせいひふえん)といって、赤いブツブツや痂皮(かひ)(かさぶたのようなもの。頭や顔にできることが多い)がみられます。生後3カ月以上になると、皮脂の分泌は減って、よだれかぶれ、おむつかぶれ、あせもが多くなります。おむつかぶれは、一度なってしまうと治りにくく悪化しやすいため、予防が大切。通気性のよいムレないおむつを選ぶことが重要です。

こすらず、刺激をせず、やさしく行いましょう

赤ちゃんのスキンケアとは、洗浄と保湿のふたつ。どちらも、女性が顔のお手入れをするように、肌をこすらず、刺激をせず、やさしく行いましょう。

おふろは40度を越えないお湯にし、よく泡立てた洗浄剤の泡を使い、手で洗います。洗浄剤が残らないようにていねいに流し、やわらかいタオルで押さえるようにして拭いてください。洗浄剤はベビー用品か、香料などが入っていない低刺激のものにします。保湿はベビー用品保湿剤などを使います。肌をこすらないように、ていねいに塗りましょう。

乳児脂漏性皮膚炎(にゅうじしろうせいひふえん)の場合も、ていねいに洗うことで悪化を防げます。痂皮(かひ)にはおふろの30分前にベビーオイルなどを塗ってふやかし、自然にはがれる部分を洗い流します。痂皮(かひ)を無理に取ると炎症を起こし、かえって悪化するのでやめましょう。ブツブツのところは避けて保湿剤を塗ります。

かぶれやあせものときはこまめに洗い流すことが大切

よだれかぶれ、おむつかぶれ。あせものときはこまめに汚れや汗を洗い流すことが大切です。洗い流せず拭きとるときは、ぬるま湯で濡らしたタオルでこすらないようにします。汚れが落ちたら、皮脂も落ちているので保湿をします。あせものときはあせも用の薬を塗りましょう。

いずれも赤みがひかず、かゆそうなときは肌が炎症を起こしています。薬による治療が必要ですから、できるだけ早く皮膚科か小児科を受診してください。

馬場直子先生
馬場直子先生
神奈川県立こども医療センター 皮膚科 部長/横浜市立大学 皮膚科 臨床教授

関連の出産後の記事