2人目や3人目のタイミングはいつ?

出産後

子どもが増えることで人数分、手間が増えるとは限りません。上の子の子育ての経験や知恵を役立てましょう。

2人目以降は出産や育児の経験が役立つ

仲良く遊ぶ兄弟

子どもがひとりでもこんなに大変なのに、もうひとり増えると手間も苦労も倍になると思われがちです。きょうだいがいたらいいな、と思いつつタイミングに迷っている人も少なくありません。もちろん家庭によって事情は異なりますが、2人目以降は子育て経験が意外と役立つものです。月齢ごとの子どもの育ち方、育児の手順がわかっている分、初めての育児のときより不安や戸惑いは少なくなります。服やおもちゃなど育児用品もある程度そろっているので多少買い足せば済みます。お産にかかる時間も、平均して経産婦は初産婦のおよそ半分程度で、より安産になる傾向があります。

計画通り妊娠できないこともある

ただ、次の子を、と思って計画を立てても、なかなか思い通りに妊娠しないこともあります。年齢とともに妊娠率が低下することも考えて、時期を検討しましょう。高血圧や糖尿病、子宮筋腫(きんしゅ)などの持病がある場合には、必要な治療を受けておくことがすすめられます。また、妊娠中に急な入院が必要になったときや出産時に、上の子の世話をどうするか、パートナーや家族と相談しておくとよいでしょう。

下の子が産まれると、上の子が「赤ちゃん返り」をして手間がかかったり、わざと困らせるようなことをして親の気を引いたりすることもよくあることです。自分をみてほしい、かまってほしい、と大好きなお母さんやお父さんの愛情を確かめたい時期です。上の子とふたりきりで過ごす時間をつくってみましょう。抱きしめてあげるなどスキンシップで愛情をたっぷり示してあげると子どもは安心します。

タイミングはパートナーとよく話し合いましょう

子どもを何人、どの時期でもちたいか、家族計画についてはパートナーと話し合いましょう。年齢が近いきょうだいなら、おむつなどお世話に手のかかる子が複数いて忙しさも重なります。でも、きょうだいがいっしょに遊べる、子育てで手のかかる期間が長引かずまとめられる、などのメリットがあります。もし歳の差が3歳、6歳、9歳など3の倍数の場合は、入園入学時期が重なり出費も同時にかさみますが、卒園・卒業した上の子の学用品などがそのまま使えるなどメリットもあります。上の子が4歳を過ぎる頃からは兄、姉の自覚も芽生え、下の子の世話のお手伝いなど頼もしく感じることもあるでしょう。子どもの数、年の差に関わらず、それぞれの子どもを慈(いつく)しむ気持ちをもって明るい家庭を築いてください。

木戸道子先生
木戸道子先生
日本赤十字社医療センター 第一産婦人科 部長

東京大学医学部卒業。その後、同大学付属病院分院、長野赤十字病院等を経て、日本赤十字社医療センターで平成14年から現職。産婦人科医として診療に取り組む一方で、日本医師会や厚生労働省、日本産科婦人科学会などで、働き方改革について、数多くの取り組みも行っている。