小さく生まれた赤ちゃんのお父さん・お母さんへ

妊娠中

医療技術の進歩により、早産児の多くが救命できるようになりました。小さな赤ちゃんは入院期間が長いですが、家族の一員として成長を見守っていきましょう。

26週以降出生児の9割以上は救命できるようになってきた

赤ちゃんを抱える夫婦

NICU(新生児集中治療室)では、早産児を救命するだけでなく、早産児に多い未熟児網膜症の進行を防いだり、慢性肺疾患など呼吸器の合併症の悪化を防いだりして、「インタクトサバイバル(後遺症なき生存)」を目指す取り組みを行っています。発育(からだの成長)についても、積極的な栄養投与を行い、予定日に生まれた子と遜色がないように育てようとする方針が主流となっています。

NICUを退院する目安は、一般的に、36〜37週以降に相当する週数になり、自分で哺乳ができること、酸素投与などの治療が必要ないことが条件です。退院後は、外来で発育・発達(首のすわり、寝返りなど)を評価するフォローアップが行われます。早産児は発育や発達が遅れる場合があるのは事実ですが、適切な発達支援につなげ、家庭での生活や集団生活への適応を目指していきます。

できるだけ面会し、赤ちゃんに触れたり抱っこしたりしましょう

早産児のお父さんには、何よりまず、お母さんを支えてほしいです。早産で産んだお母さんは自分を責めがちですが、誰のせいでもないことを理解してください。そして、お父さん・お母さんともに、できるだけ面会に来ていただいて、赤ちゃんに触れたり抱っこしたりしてみてください。最初は、小さいし、細いし、触れるのが怖いかもしれませんが、できるだけ触れあって、家族の一員として愛情を深めていただきたいです。赤ちゃんはたくましく成長していきます。哺乳ができるようになった、体重が増えてきた、目を開けてキョロキョロするようになったなど、赤ちゃんは日々変化していきます。早産でNICUに入院した赤ちゃんは退院まで数カ月を要することがありますが、赤ちゃんの日々の成長を楽しんでいると、「こんなに成長したのだから、家で育てるのも大丈夫」と退院後の育児に自信が持てるようになります。

早産児にとって母乳が一番の栄養

早産の赤ちゃんにとって、母乳はいちばんの栄養です。生まれたてのときはなかなか母乳が出ないかもしれませんが、1滴、2滴でもいただければ、綿棒で口の中に塗布することもできます。一方で、搾乳がプレッシャーになって面会に行きづらいとは考えないでください。まず赤ちゃんに会っていただいて、親子の関係を育んでいただくのが何より大事だと考えています。

熊坂栄先生
熊坂栄先生
葛飾赤十字産院 小児科 部長