流産を繰り返す「不育症」でお悩みの方ヘ

妊娠中

2回以上の流産・死産を繰り返す場合を不育症と呼びます。リスク因子がわかれば、それに応じた治療を受けてください。

流産は約15%の確率で起こりうること

お腹を抑える女性

流産は約15%の頻度で生じる、決してまれな現象ではありません。ただし、妊娠年齢が高齢になるにつれ、また過去の流産回数が多くなるにつれて、流産率は高くなります。たまたま1回流産した人は、ほとんどが偶発的なできごとで、心配はありません。心の落ちこみが回復したら、次回の妊娠を計画してください。

2回以上流産を繰り返す方は検査を

2回以上の流産(妊娠22週未満)、もしくは死産(妊娠22週以降)を繰り返す場合、不育症と定義されます。日本には約2万〜3万人の不育症患者がいると推定され、決してめずらしくありません。何らかの要因があるために流産や死産を生じている場合と、何のリスクもなく偶発的に流産を繰り返している場合があります。さまざまなリスク因子の関与が考えられますので、検査を受けていただきたいと思います。リスク因子が判明すれば、それに対する治療を受けてください。

検査をしても約65%の人には、何の異常も見つかりません。これらの人には、特段の治療は必要ありません。無治療でも次回の妊娠時には、良好な結果が得られています。ただし、家族や医療スタッフによる精神的支援が生児獲得率(子どもを持てる確率)を上昇させることが、国内外から報告されていますので、妊娠する前、妊娠してからの周囲の配慮や支援も必要です。

不育症相談窓口で相談しよう

全国に不育症相談窓口が開設されていますので、お近くの市町村にお尋ねください。不育症の治療等に関する情報については、「反復・習慣流産(いわゆる「不育症」)の相談対応マニュアル2012」にくわしく掲載されていますので、ぜひ参考にしてください。

反復・習慣流産の相談対応マニュアル

不育症のリスク因子と治療法

不育症のリスク因子と治療法

齋藤滋先生
齋藤滋先生
富山大学 学長

医学博士 奈良県立医科大学 研究分野 生殖免疫学,母子感染,妊娠高血圧症候群の病因,胎盤の増殖・分化ならびにアポトーシス,早産の発症メカニズム 2006年04月 - 2019年03月 富山大学 大学院医学薬学研究部 東西統合医療学域 東西統合医学系 教授 2005年10月 - 2019年03月 富山大学 医学部 医学科 教授 2016年04月 - 2019年03月 富山大学 附属病院 病院長 2019年04月 - 継続中 富山大学 役員 学長

※出典:https://www.kyorin-u.ac.jp/hospital/clinic/surgery13/staff_detail22-772.html