妊娠中の風邪・ウイルスなどの感染症予防は手洗いの徹底を

妊娠中

免疫力が低下し、いつもより感染症リスクが高まる妊娠期。 おなかの赤ちゃんのためにも、手洗いやマスクでの対策を習慣化しましょう。

妊娠すると免疫力が落ちやすく感染症にかかりやすい

手に石鹸を載せている

妊娠中は免疫力が落ち、風邪やインフルエンザ、ノロウイルス感染症などの感染症にかかりやすくなります。普段なら風邪をひいても1~2日安静にしていれば治りますが、妊娠中は「ただの風邪」も治りにくいうえ、インフルエンザやノロウイルス感染症にかかると症状が重くなりやすく、長引くことが多いのです。妊娠中は子宮が大きくなって肺を圧迫していることもあり、風邪やインフルエンザにかかると呼吸がしにくい、肺炎になりやすいというリスクも。また、胎児への影響を考慮し、使える治療薬が制限されるという問題もあります。

予防接種と手洗いの徹底が大切

感染症対策の基本は予防接種を受けること。ただし、すべての病気を防げるわけではありませんし、妊娠中には受けられないものもあります。

予防接種以外の対策で取り組みたいのが、石けんを使った手洗いの徹底。ノロウイルスのようにアルコール消毒が効かないウイルスには、手洗いが何よりも大切です。手洗いのポイントは、①石けんを使う、②洗い残しがないようにする、の2点。泡立てた石けんで指先、指の間、手首まで30秒以上かけてていねいに洗います。石けんで洗うことで、ウイルスを包みこみ、洗い流す効果があります。固形石けんだと石けんに付着した病原体に触れることになるため、液体石けんの使用がおすすめです。水だけ、お湯だけの手洗いではウイルスは流せません。必ず泡立てた石けんを使ってください。

実際に洗ってみると30秒以上というのが意外と長くてびっくりするかもしれません。それくらい徹底した手洗いでないと意味がないのです。手洗いはパートナーをはじめとする家族にも徹底してもらいましょう。手洗い後のタオルからも感染するので、タオルの共有は避け、ペーパータオルの使用がおすすめ。アルコール消毒も多くの感染症対策に効果があります。

マスクの着用も効果的

マスクの着用も効果があります。鼻やのどの粘膜にウイルスがつくことで感染するので、マスクでウイルスがつくことをシャットアウトできます。気をつけてほしいのがマスクをはずすとき。マスクの外側にウイルスがついていますから、外側をさわらないようにはずし、すぐにマスクを捨てましょう。そのあとに念入りにうがいを。うがいはのどの粘膜をうるおします。粘膜がうるおっていると侵入したウイルスを外に出す働きがスムーズになり、感染症対策になるのです。

松本哲哉先生
松本哲哉先生
国際医療福祉大学 医学部感染症学講座 主任教授

長崎大学医学部卒 医学博士 前東京医科大学微生物学分野主任教授、前東京医科大学感染制御部部長(兼任)、元東邦大学医学部微生物学講師、元米国ハーバード大学ブリガム&ウィメンズホスピタルリサーチフェロー、元長崎大学第二内科 日本化学療法学会理事長、日本環境感染学会副理事長、日本臨床微生物学会監事、日本感染症学会評議員、PMDA専門委員、AMEDプログラムスーパーバイザー、日本感染症学会認定指導医・感染症専門医

※出典:https://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/staff/cat24/4825.html

関連の妊娠中の記事