妊娠中の肌荒れ対策。シミ・妊娠線は早めのケアを

妊娠中

妊娠中のお肌には、さまざまな変化が起こります。シミや妊娠線には早めのケアがおすすめです。

妊娠すると肌に変化が起こる3つの特徴

肌を気にしている女性

妊娠中のお肌は、女性ホルモンの増加、新陳代謝の活発化、メラニン色素の増加の3つの大きな特徴によって、さまざまな変化があります。まず、女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンが増えるので、ホルモンの作用によって皮脂の分泌が過剰になり、ニキビができやすくなります。また、新陳代謝がさかんになってたくさん汗をかき、かゆみや発疹が出やすくなります。メラニン色素は、メラノサイトという色素細胞が、女性ホルモンによって刺激されて分泌されますが、そのために妊娠中はシミ、そばかすが増えたり、わきの下、乳首、外陰部などが黒ずんできます。正中線(せいちゅうせん)というおなかのまん中の線が濃くなる人もいます。妊娠中に多い肌トラブルの対処法についてご紹介しましょう。

基本は清潔と保護・保湿が大切

妊娠中は、皮脂の分泌がさかんなのに、乾燥しやすく敏感です。タオルでゴシゴシこすらず、優しくぬるま湯で洗い流し、刺激の少ないローションや乳液、オイルなどで保湿・保護します。シンプルなケアをこまめに。ふだんと同じ化粧品で大丈夫ですが、オーガニック化粧品も販売されています。

紫外線ケアや妊娠線(ストレッチマーク)対策を

日光に当たるとシミが増えてしまいます。外出するときには、日焼け止め、日傘、帽子、サングラスなど万全の防御を。かんきつ類、じゃがいも、パプリカなど、ビタミンCもたっぷり摂りましょう。妊娠線は、急激な皮膚の伸びに皮下のコラーゲンや弾性線維の伸びが追いつかず、断裂してしまうことによって起こる、赤紫色のギザギザした線です。皮膚を柔らかく、伸びをよくすること。専用のマッサージクリームもあります。アロマセラピーでは、例えばアルガンオイルやスイートアーモンドオイルにネロリを数滴たらしマッサージするなどします。体重コントロールも大事です。

ヘアケアと脱毛予防も

妊娠中は女性ホルモン作用によって頭髪がしっかりしボリュームも出ますが(からだ中が毛深くなることも)、産後は逆に脱毛が進みます。出産前からアミノ酸系シャンプーやノンシリコン、ローズウォーターやクレイ等が含まれた質のよいシャンプーを使って抜け毛対策を。

対馬ルリ子先生
対馬ルリ子先生
医療法人社団 ウィミンズ・ウェルネス 理事長

産婦人科医師、医学博士。専門は周産期学、ウィメンズヘルス。弘前大学医学部卒業、東京大学医学部産科婦人科教室入局。東京大学産婦人科学教室助手、都立墨東病院総合周産期センター産婦人科医長、女性のための生涯医療センターViVi設立、初代所長を経験後、2002年にウィミンズ・ウェルネス銀座クリニックを開院。産婦人科、内科、乳腺外科、心療内科、泌尿器科等で協力して全人的女性医療に取り組む。2003年には、女性の心と体、社会との関わりを総合的にとらえNPO法人「女性医療ネットワーク」設立。全国約600名の女性医師・女性医療者と連携して活動し、さまざまな情報提供、啓発活動や政策提言を行っている。2010年 ジュノウィミンズ・ウェルネス銀座産院銀座健康院を開院。2012年、対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座に、ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニックを移転統合。女性の生涯のかかりつけ医としてトータルな健康支援に取り組んでいる。2012年 新宿伊勢丹内に女性ライフクリニック新宿 開院

※出典:https://w-wellness.com/about/

関連の妊娠中の記事