つわりの症状はいつまで?ピーク時の対策方法

妊娠中

つわりは自然に収まるものですが、体重がどんどん減ったり、からだがだるくて仕方がないときは、治療や入院が必要なことも。

ほとんどが妊娠16周頃には自然と良くなります。

食事中、吐き気がする女性

食べたい時に食べたいものを

つわりとは、妊娠がわかる頃に気持ちが悪くなって吐いてしまうことや、食欲がなくなること、逆に食欲が旺盛(おうせい)過ぎること、食べ物の好みが変わることなどをいいます。多くの妊婦さんに起こりますが、ほとんどが妊娠16週頃には自然によくなります。中にはまったく食べられなくなって、体重がどんどん減っていくことがありますが、これは病気として治療が必要です。点滴などで必要な栄養分を補ってもらいましょう。

症状がひどい場合は病院に相談を

まずは口に合うものを食べてください。栄養バランスは気にせず、口にできるものを食べたいときに食べてください。何度も少しずつ食べたり、冷やすなど食べやすくする工夫を。においのきついものは避けた方が無難です。水分を摂ることが大事で、ジュースでも栄養補給になります。空腹が過ぎると余計に気持ち悪くなるので、ジュースやスープ、ゼリー飲料などで補います。吐いても飲む! 食べる!のがポイント。吐くのがつらくて食べられないなら、先生に相談を。妊娠やお産、仕事に対する不安などでも、つわりはひどくなります。深く考え込まないようにして、この時期を乗り越えましょう。

体重がどんどん減っていくときや、からだがだるくて仕方がないときは、治療が必要になる場合もありますので、先生に相談を。点滴で補えることがあります。たかがつわりと思っていると、妊娠悪阻(にんしんおそ)(つわりの激しいもの)や、ヴェルニッケ脳症(のうしょう)というビタミンB1欠乏症(けつぼうしょう)になって、後遺症を残すこともあるので注意が必要です。脱水状態がひどくなると、深部静脈血栓(しんぶじょうみゃくけっせん)という血管の詰まる病気も発生しやすくなります。ひどいときには入院したほうがいいので、その判断は先生に任せてください。

男性の思いやりがつわりを軽くする

パートナーの妊娠がわかってうれしいような複雑な気持ちだと思います。その上、つわりでつらいパートナーの様子に驚いていることでしょう。でも、こんなときこそあなたの力が重要です。いろんな不安を抱えているパートナーを優しくいたわってあげてください。話を聞いてあげるのもひとつです。思いやりで、つわりも軽くなるはずです。

南佐和子先生
南佐和子先生
和歌山県立医科大学附属病院 病院教授

和歌山県立医科大学卒業 思春期を含め内分泌疾患の診療を行っています。病棟では合併症妊婦の周産期管理に従事しています。周産期医療支援学講座を運営しています。この講座では和歌山市から有田市にかけてお産難民が出ないよう地域と連携し、周産期体制作りを行っています。認定資格 日本産科婦人科学会 専門医母体保護法 指定医 日本内分泌代謝科 専門医および指導医 臨床遺伝専門医 日本婦人科腫瘍学会 専門医 日本周産期新生児学会 母体胎児専門医および暫定指導医 新生児蘇生法「専門」コースインストラクター

※出典:https://www.wakayama-med.ac.jp/med/sanfujinka/contents/professor-minami.php

関連の妊娠中の記事