妊娠中の貧血症状と対策について

妊娠中

妊娠中はいつも貧血になりやすい状態にあります。鉄剤の服用やサプリメントで補うことも可能ですので、担当医に相談してみてください。

妊娠中に起こりやすい貧血の症状とは?

貧血に悩む妊婦

貧血は、血流に乗ってからだ中に酸素を運ぶヘモグロビンの量が不足したり、変形したりすることによって起こる病気です。ヘモグロビンは血液中の赤血球に含まれる成分で、鉄と蛋白質(たんぱくしつ)でできています。貧血になると、動悸(どうき)、息切れ、頭痛、めまい、立ちくらみ、倦怠感(けんたいかん)など、さまざまな症状が現れます。ほとんどは体内の鉄不足によって起こる鉄欠乏性貧血です。

妊婦さんが貧血になりやすい原因

妊娠中は、赤ちゃんの血液をつくる材料となる鉄が、胎盤(たいばん)を通じてお母さんのからだから運ばれてきます。妊婦さんは常に貧血になりやすい状態なのです。特に妊娠中期から後期になりやすいため、1日20mg程度(非妊娠時は、1日12mg〜15mg)の鉄を摂る必要があります。妊娠30週以降になると循環血液量が30〜40%増加するため、血液が薄まった状態になり、軽い貧血になる人が多くなります。これは病的なものではなく、生理的な貧血といって、赤ちゃんの発育に最適な環境なのです。ただし、さらに貧血が進んだり、逆にヘモグロビン量が多すぎる場合は、発育に影響が出てきますので、妊婦健診でチェックしましょう。

食事だけでなく薬やサプリで補うことも大切

レバーやほうれん草には鉄が豊富です。豚レバーの串焼き1本(80g)には10.4mg、ほうれん草のおひたし1人前(50g)には1㎎の鉄が含まれています。これだけで1日の必要量を賄(まかな)えてしまいそうですが、実は食品に含まれる鉄のうち吸収されるのは10%程度なのです。また、食品に含まれる鉄は吸収されやすいヘム鉄と、それだけでは吸収されにくい非ヘム鉄があります。ヘム鉄は動物性食品に、非ヘム鉄は植物性食品に多く含まれています。非ヘム鉄は、ビタミンCと同時に摂るとヘム鉄に変わり吸収率が高まります。ビタミンB6・B12、葉酸、蛋白質(たんぱくしつ)も、赤血球をつくるために欠かせません。鉄欠乏性貧血と診断されたら、食品で貧血改善をがんばるのではなく、鉄剤を服用した方がいいでしょう。種類によりますが、鉄剤1錠に豚レバー400gに相当する50mgの鉄分が含まれています。吐き気や胃痛などの副作用が出ることがありますが、お医者さんに相談し、飲める鉄剤を見つけてください。鉄剤のサプリメントも多く発売されているので、利用するのもひとつの方法です。

獨協医科大学 医学部産科婦人科講座 教授 北澤正文先生
北澤正文先生
獨協医科大学 医学部産科婦人科講座 教授

生殖内分泌学を専門とする。 専門医・所属:日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖医療専門医、日本産科婦人科学会、日本生殖医学会、日本産科婦人科内視鏡学会

※出典:https://www.kango-roo.com/profile/147/

関連の妊娠中の記事