胎動はいつ頃から感じるのか?

妊娠中

おなかの赤ちゃんが手足を動かし子宮壁にあたると、胎動として感じられます。妊娠20週くらいから感じることが多いです。

初産では妊娠20周、経産では18週ほどから感じます。

お腹に手を当てる妊婦

胎動とは、おなかの赤ちゃんが動くこと。赤ちゃんが動かした手や足が子宮の壁にあたると、妊婦さんが胎動を感じるようになります。胎動を感じるようになるのは、初産婦さんでは妊娠20週くらい、経産婦さんでは18週くらいからが多いようです。妊娠20週くらいまでは、妊婦さんのおなかもまだ大きくないですし、赤ちゃんが無事に育っているか心配になる一方、妊娠の実感にとぼしい時期。そんな時期を過ぎた頃から感じられる胎動は、おなかの赤ちゃんからの「元気に大きくなっている」というメッセージと言えるかもしれませんね。

胎動は「おなかがけいれんしている」感じ

胎動の感じ方は最初は弱く、胎動かどうかよくわからないことも。「おなかがけいれんしているよう」と表現する妊婦さんもいます。赤ちゃんが大きくなり、蹴る力が強くなるにつれ、胎動は強くなり、回数もふえていきます。そして、妊娠30週の後半くらいから、だんだんに胎動が弱くなり、回数が減る傾向があります。これは、①赤ちゃんが成長した、②羊水(ようすい)の量が減ったことにより、赤ちゃんの動きが少なくなるためですから心配はいりません。しかし、動きがなくなることはありません。

胎動カウント法で確認することもおすすめ

もし、「胎動が弱い・少ない」「いつもと違う」と感じたら、胎動カウント法で胎動を確認することをおすすめします。胎動を感じやすい姿勢(横になったり、すわったり、妊婦さんがリラックスできる姿勢であればOK)になり、胎動を10回感じるまでの時間を測ります。アプリ版Babyプラスに胎動カウンターがありますので、ご利用ください。1時間が過ぎても1回も胎動がない場合、胎動を10回感じるのに1時間以上かかった場合は、かかりつけ医に連絡してください。妊娠後期の赤ちゃんはだいたい20~30分眠り、20~30分目覚めていると言われています。1時間のなかで眠ったり、起きたりを繰り返しているわけです。ふだんは胎動を意識せず、過ごしていますから、胎動をそれほど多く感じていないかもしれませんが、実は1時間で10回くらいは胎動があるのです。

胎動の感じ方は人それぞれ

「胎動が強いと男の子、弱いと女の子」「胎動が強いと活発、弱いとおとなしい」など性別や性格についての言いつたえに医学的根拠はありませんが、胎動が弱い場合、病気が隠れているケースもごくまれにあります。ただ、胎動だけで診断することはできませんし、そもそも胎動が強い・弱いという表現は妊婦さんの感じ方によって変わりますから、気にしすぎないようにしましょう。

キャッスルベルクリニック 院長 上野有生先生
上野有生先生
キャッスルベルクリニック 院長

京都府立医科大学医学部卒業後、京都府立医科大学附属病院、松下記念病院、明石市民病院、綾部市立病院、会医療法人杏嶺会 一宮西病院 産婦人科部長 兼 産婦人科内視鏡センター長を経験し、2015年4月より現職に。

※出典:https://www.castlebell.jp/staff/

関連の妊娠中の記事