「体重増加が怖い…」妊婦さんの目安体重と管理方法

妊娠中

妊娠中の体重管理が気になる人も多いでしょう。大切なのは、食べ過ぎず、無理なダイエットもせず、バランスのとれた栄養を摂ることです。

体重の目安は妊娠前の体格によって違う

体重計と妊婦

かつては「おなかの子のぶんも食べなきゃダメ」といわれたり、先輩お母さんから「子どもを産んでから体重が何キロも増えた」と脅かされたり、妊婦さんの体重管理はなかなか大変です。

日本産科婦人科学会のガイドラインでは妊娠中の体重管理は「妊娠前の体格に応じて指導する」とされています。具体的には、妊婦さんの妊娠前の体重をベースとしたBMI(Body Mass Index)を用います。BMIとは肥満度を表すもので、BMI計算式(*1)で算出されます。例えば体重が50kg、身長が160cm(1.6m)の場合、BMIは19.5 と計算(*2)されます。妊婦の体重管理は、妊娠高血圧症の予防、産科的異常の減少といった目的によって、目安が異なります。

(*1) BMI計算式 = 体重(kg)÷身長(m)²

(*2) BMI値 = 50÷(1.6)² = 19.5

一般的な増加の目安とBMI値との関係

厚生労働省が策定した日本人の食事摂取基準(2015年版)では「非妊娠時のBMI値が18.5〜25.0未満の体格の妊婦が、妊娠40週の時点で約3kgの単胎児(たんたいじ)を出産するのに必要な体重増加量は11kg」としていますが、もちろん個人差もあります。またBMI≧25の体格の女性では、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、帝王切開分娩(ぶんべん)、死産、巨大児および生まれてくる子どもの神経管閉鎖障害などのリスクが高まることが知られています。一方で最近の調査では、BMI<18.5のやせ女性は、切迫早産(せっぱくそうざん)や早産、低出生体重児が生まれるリスクが高まることがわかってきました。

いずれにせよ大切なのは、食べ過ぎず、無理なダイエットもせず、バランスのとれた栄養素を摂ることです。かかりつけの産科の先生や助産師さんとよく相談してみてください。

澤倫太郎先生
日本医師会総合政策研究機構 研究部長

文科省「生命倫理安全部会」委員、内閣府「医療関連行為の特許保護の在り方に関する専門調査会」委員、厚労省「生殖医療部会」、「臓器移植専門委員会」委員などを経て現職に。また、日本医科大学大学院生殖発達病態学講師。慶應義塾大学産婦人科学教室客員准教授。日本産科婦人科学会前幹事長。日本医師会元常任理事も務めた。

※出典:https://medical.jiji.com/doctor/2318

関連の妊娠中の記事