母子手帳の役割とは?もらい方や交付のタイミング

妊娠中

母子健康手帳は、妊娠初期から乳幼児期までの妊婦さんと赤ちゃんの健康状態を記載し、管理するための大切な手帳です。

母子健康手帳とは、長く使う大切な記録をしていくもの。

母子健康手帳

母子健康手帳には、妊婦健康診査(妊婦健診)や乳幼児健康診査(乳幼児健診)などの各種の健康診査や、訪問指導・保健指導などの母子保健サービスを受けた際の記録、予防接種の接種状況についての記録がなされます。赤ちゃんの時期だけでなく、小学校に入るまで使い続ける、成長の記録の手帳となります。

妊娠中は、健診のたびに血圧、体重、尿検査の結果などをこの手帳に記録します。体重が増えすぎていないかどうか、血圧が上がっていないかどうかについて、医師や助産師といっしょに確認しましょう。外出先で具合が悪くなった場合には、かかりつけ以外の産婦人科を受診しないといけないこともあります。遠方にでかける場合には、母子健康手帳を持っていくとよいでしょう。

お子さんが生まれてからも、体重や身長などの成長の様子や予防接種などについて記録します。これらの情報はお子さんが大きくなってから必要になることもありますので、手帳は大切にとっておきましょう。

母子健康手帳のもらい方や交付場所

妊娠届出書を書いて、住んでいる地域の保健センター・市区役所・町村役場などに提出し、母子健康手帳をもらいます。一部の自治体では、医師から受け取る妊娠届が必要な場合もあります。自治体によっては、手帳といっしょに妊婦健康診査の受診券・補助券の交付、さまざまな母子保健サービスの案内などが行われます。

母子健康手帳を受け取る時期が遅れると、妊娠初期の妊婦健康診査の受診券などが使えなくなることもあるので、できるだけ早い時期に母子健康手帳を受け取るほうがいいでしょう。先生から「次の健診までにもらっておいてください」と指示されることもあります。

結婚前の人も、育てられるか自信のない人も早めの受け取りを

まだ結婚していなくて、「旧姓を後で修正するのはいやなので、名字が変わってからにしよう」と考えている人もいるかもしれませんが、母子健康手帳は早めにもらうことをおすすめします。結婚の予定があるなら、窓口で相談してみましょう。結婚して名字が変わったときに書き直せるように、名字を鉛筆で書くといった対応をしてくれることもあります。転居の予定がある人も、今住んでいる市区町村でもらっておきましょう。手帳の中身は全国共通で、転居しても再発行されず、使い続けることになります。

ただし、健診の補助などのサービスは市区町村によって異なります。転居すると、健診の補助券等はもらい直すことになりますので、転入先で相談してください。母子健康手帳を受け取る窓口は、住民票のある市区町村だということに注意してください。住民票を以前住んでいた住所のままにしている人や、実家にしている人は、この機会に見直しましょう。

また、生活に困っている人や、妊娠したけれど産み育てられるか悩んでいる人こそ、母子健康手帳を受け取りに行くことは大切です。市区町村の窓口には、経済的支援も含めた情報が集まっていますし、関連する部署につないでもらえるからです。出産費用の貸付制度などもありますので、ひとりで悩まずに相談に行ってください。

妊娠中だからこそ自分の記録を見直してみる

母子健康手帳とは、お母さんがわが子の健康を願い、おなかの中にいるときから大きく成長するまでの記録を記載した大切な手帳です。あなたのお母さんがあなたを妊娠していたときにも、母子健康手帳を持っていたはずです。一度パートナーとふたりでご自身が生まれたときの母子健康手帳を見てみてはいががでしょうか。赤ちゃんの発育や、妊娠中に起こること、風疹(ふうしん)など予防接種を受けたかなどについて、きっと参考になるはずです。

3679c7c3-71ca-482d-9ba1-b01a2e3b5a68.png

川﨑薫先生
京都大学 医学部婦人科学産科学教室 特定病院助教(京都大学医学部付属病院 産科婦人科)

京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院、倉敷中央病院、国立病院機構、国立循環器病研究センター、京都大学医学部附属病院、神戸市立医療センター 中央市民病院、それぞれの病院で産婦人科医として勤務。その後、京都大学医学部附属病院にて現職。 日本産科婦人科学会専門医、日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(母体・胎児)、日本母体救命システム普及協議会 母体救命ベーシックコースインストラクター、日本周産期新生児医学会 新生児蘇生「専門」コースインストラクターの資格を持つ。

※出典:https://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~obgy/staff.html

関連の妊娠中の記事