妊婦健診はいつから?検査の頻度や内容とは?

妊娠中

妊婦健診は、妊婦さんと赤ちゃんの健康管理のために大切なものです。どの時期にどのような検査を行うのか、みてみましょう。

初回と後期では検査内容が異なります

血圧を測る妊婦

毎回共通する基本的な項目として、体重、血圧測定と尿検査があります。これらは、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病の早期発見のために必要です。

妊娠中の体重管理は、赤ちゃんの適切な発育や、妊婦さんの妊娠高血圧症候群の発症予防のために重要なので、毎回体重を測定します。診察前に尿検査を行いますので、トイレは少し我慢しておきましょう。内診台には、脱衣所でショーツを脱いでから座ってもらいます。脱ぎ着のしやすい服装で受診するのがよいでしょう。

病気や抗体の有無を調べる検査も行います。いつ頃、何の検査をするかは、下の表を見てください。

「女性の先生に診てもらいたいんですけど…」という人もいますが、女性医師も男性医師も、お母さんと赤ちゃんが健康であってほしいという気持ちは同じです。

産婦人科を受診することが初めてで不安な場合などは、担当の先生に一度相談してみましょう。病院にもよりますが、外来の担当の先生とお産の担当の先生が違う場合もありますし、夜間などは当直医が対応することもあります。いずれにせよ、医師が男性か女性かにこだわっても、希望通りになるとは限りません。

健診のスケジュール

妊婦健診スケジュール

川﨑薫先生
京都大学 医学部婦人科学産科学教室 特定病院助教(京都大学医学部付属病院 産科婦人科)

京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院、倉敷中央病院、国立病院機構、国立循環器病研究センター、京都大学医学部附属病院、神戸市立医療センター 中央市民病院、それぞれの病院で産婦人科医として勤務。その後、京都大学医学部附属病院にて現職。 日本産科婦人科学会専門医、日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(母体・胎児)、日本母体救命システム普及協議会 母体救命ベーシックコースインストラクター、日本周産期新生児医学会 新生児蘇生「専門」コースインストラクターの資格を持つ。

※出典:https://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~obgy/staff.html

関連の妊娠中の記事